シャローイングで手首を痛める!?

シャローイングは手首に負担がかかる動き

シャローイングは

ゴルフのショットを安定させる重要な動きになりますが

▼シャローイングとは?

この動きは特に右手首に負担がかかります。

シャローイングの動きでは

トップからダウンスイングにかけて

特に右手関節の背屈という動きが過剰となります。

引用元:GOLFサプリ

シャローイングで右手関節に痛みがある方もしくは

シャローイングの練習中という方は

右手関節の柔軟性を高める必要があります。

そこで今回は

シャローイングで手首を痛めないための

手首のストレッチをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

手首のストレッチ

シャローイングで重要なのは

①左手関節の掌屈(手首を掌側に動かす)

②右手関節の背屈(手首を甲側に動かす)

この動画の中では

①と②の両方を解説しています。

ストレッチは効果が持続するわけではないので

ゴルフの練習の前後に実施して頂ければ

シャローイングの練習で手首を痛める可能性が下がります。

是非お試しください(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。