ダウンスイングでクラブを縦に使えば曲がらなくなる説

ボールを真っすぐ飛ばしたい

ゴルフのミスショットで多いのが

チーピン、フック、ひっかけなどの

左方向へのミスショットや

スライス、プッシュスライスなどの

右方向へのミスショットなど

方向性の問題が

OBなどスコアを大きく損失する要因となります。

 

そこで今回は

左右の方向性が安定する

縦振りスイングの

練習方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

方向性が安定する縦振りスイング習得法

この動画の中でも解説されていますが

横振りスイングが強調されすぎている場合は

フェース面の開閉が大きくなりやすいので

先程のような左右の方向性に

悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

そこで縦振りスイングを習得するには

テイクバックから少し肘を曲げて

上げるイメージでバックスイングを行います。

▼肩の屈曲(上げる動き)でもよい

このようなバックスイングを行った後に

ダウンスイングで

縦におろすイメージを2~3回行います。

 

この時に一つ注意する必要があるのは

肘や肩は動かしますが

手首は固定しておくことです。

 

手首をほどいてしまうと

今度はダフり、トップなどの

ミスショットが出やすくなるので注意しましょう。

 

まずは練習場で試してみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。