ゴルフでバネ指になったら?

ゴルフでバネ指になる理由

引用元:日本整形外科学会

バネ指とは

指にある腱(筋肉と骨を繋いでいる)が

浮き上がらないように押さえている腱鞘が炎症を起こし

それが悪化することで腱に炎症が波及して指の曲げ伸ばしで

引っかかりを生じることを言います。

そもそもこのバネ指は

指に負担がかかることで生じます。

ゴルフもその一つになります。

そこで今回は

ゴルフでバネ指を生じる原因と対処方法を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフによるバネ指の原因

ゴルフでバネ指になる場合は主に

☑練習(打ちっぱなしなど)のやり過ぎ

☑力み

» 力みの改善方法

» 力みを減らすグリップ

☑度重なるミスショット

» ミスショットを減らす方法

などになります。

これらはすべて指の腱鞘に負担がかかる原因となります。

それぞれの原因に合わせて改善させましょう。

バネ指になったら?

ゴルフをしていて

すでにバネ指になってしまった場合

☑ゴルフを一旦やめる

☑病院で適切な治療を受ける

» 適切な治療

この2つがまずは必要です。

我慢してゴルフを続けていると最悪手術が必要になります。

放置しても自然に治ることはほぼないので

まずはバネ指を治すことに専念しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。