【タイガー・ウッズ/Tiger Woods】はPGAツアーに復帰できるのか?【医学的視点で解説】

タイガーウッズの奇跡の復活スイング

2021年11月22日に

タイガー・ウッズが大事故以降

初めてのゴルフスイング動画を

自身のTwitterで投稿しました。

 

以前もタイガー・ウッズの復活劇の

記事を投稿しましたが

▼マスターズ2019優勝までの復活劇

正直に言うと

今回の怪我からの復帰は

理学療法士の立場から見ても

かなり難しいと予想していました。

 

なので

タイガー・ウッズの

Twitterに投稿された動画を見て

衝撃を受けました。

しかし

ゴルフができても

再びPGAツアーに参戦できるかは

3つの条件をクリアしていなければならないと

考えています。

 

そこで今回は

タイガー・ウッズが

PGAツアー復帰するにあたって

必要な3つの条件を医学的視点を交えて解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

タイガー・ウッズ復活のための3つの条件

タイガー・ウッズの復活のための3つの条件は

①3つの後遺症が残っていないこと

②過酷な筋力増強訓練に耐えること

③そもそも復帰の意思があること

この3つになります。

ここから

この3つの条件について

もう少し詳しく解説していきます。

 
スポンサーリンク

①3つの後遺症が残っていないこと

この動画の中でも解説していますが

①に関しては

☑偽関節(骨がしっかりくっついていない)

☑変形障害(骨のくっつき方が変形している)

☑腓骨神経麻痺(神経の損傷)

この3つの中の1つでも残ってしまうと

PGAツアーへの復帰どころか

ゴルフへの復帰も難しいと考えられます。

 

タイガー・ウッズの

Twitterに投稿された

スイングを見る限りは

変形障害、腓骨神経麻痺は

ある程度否定できますが

偽関節は完全には否定できていません。

 

しかし

あれだけのフルショットで

フィニッシュが崩れていないのと

ドクターストップがかかっていない時点で

この3つの後遺症は

クリアしていると考えられます(^^)/

②過酷な筋力増強訓練に耐えること

②に関しては

退院するまでの間に

すでに過酷なリハビリを

経験していると思います。

 

しかし

本当に辛いのはここからです。

Twitterでのスイング動画を見る限り

特に下腿(ふくらはぎ)の部分が

かなりやせ細っています。

 

PGAツアーに復帰しようと思うと

1日約7.5km(18ホール)×4日の歩行が可能で

しかもアップダウンのある部分も

歩く必要があります。

 

そう考えると

かなり過酷な筋力増強トレーニングをして

それに耐えなければなりません。

 

しっかり筋肉を肥大させ

筋力と持久力を最大限引き出すためには

期間としては6か月~1年以上は

過酷な筋力訓練が

必要と考えられます。

③そもそも復帰の意思があること

2019 年のマスターズ優勝の際の動画です。

③に関しては

PGAツアーに復帰する意思があるかどうかです。

 

これに関しては

今のところ

引退会見を行っていないのと

長女のサム・アレクシス・ウッズ

長男のチャーリー・アクセル・ウッズ

もゴルフをしているので

子供たちの目標でありたい

という気持ちがあれば

復帰する意思があると言えるでしょう。

 

ちなみに

最新の動画として

タイガー・ウッズと

長男のチャーリー・アクセル・ウッズとの

PNCチャンピオンシップに出場している

様子を見る限りは

 

まだ

事故前の力強いスイングとまではいきませんが

かなり復調している様子が伺えます。

いずれにせよ

確証はないですが

今後のタイガー・ウッズの復帰を

期待したいですね(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。