薄い当たりが一瞬で改善する【アドレスとテイクバックのポイント】~力の入れどころ~

当たりが薄いのは力の入れどころを間違えている

ゴルフを覚える時に

レッスンなどを受けない限りは

トッププロのスイングや理論を

真似てみる方も多いですが

この場合は誰かのスイングを客観的に

理解しようとしているということになります。

 

しかし

本来ゴルフスイングは

ご自身が感じる主観的な感覚で

自ら身体を動かして行う動作になります。

 

つまり

スイング中に身体の

どこの力を入れて

どこの力を抜くのか?

それを理解する必要があるのです。

 

そこで今回は

薄い当たりを一瞬で改善する

アドレスとテイクバックの

力の入れどころにポイントを解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

薄い当たりを改善するアドレスとテイクバックのポイント

この動画の中で

解説されていますが

薄い当たりを改善するには

①アドレスで力を入れる部位を確認する

②アドレスで力を抜く部位を確認する

③テイクバックで一瞬力を入れる部位を確認する

という3つのポイントが重要になります。

ここから

それぞれをもう少し詳しく解説します。

①アドレスで力を入れる部位を確認する

まず1つ目のポイントは

アドレスの際に

力を入れすべき部位になります。

それは

☑太もも裏(ハムストリングス)

☑すね(前脛骨筋)

の2部位になります。

 

では逆に

力を抜くべき部位はどこなのでしょうか?

②アドレスで力を抜く部位を確認する

2つ目のポイントは

アドレスの際に

力を抜くべき部位になります。

それは

☑太もも(大腿四頭筋)

☑ふくらはぎ(下腿三頭筋)

の2部位になります。

 

ここまでの

①と②を合わせて行うことで

スイング中に動く

重要な関節である

股関節にゆとりが生まれます。

 

そうすることで

下半身の動きが自然に出るため

ボールへの当たりの厚みが増すことになります。

 

ではテイクバックにおいては

どのような意識をしたら良いのでしょうか?

③テイクバックで一瞬力を入れる部位を確認する

最後になりますが

3つ目のポイントは

テイクバックの際に

力を入れる部位になります。

 

それは

☑手首

になります。

 

そして

タイミングはテイクバックで

右腰のあたりを過ぎた時点から

クラブヘッドを軽く引き上げる動きを出します。

 

この動きを少し入れるだけで

インパクトで

ハンドファーストになりやすく

また二重振り子の動きも

≫ 二重振り子とは?

得られやすくなるので

ヘッドが走り厚みのある

当たりが出やすくなります。

 

今回ご紹介した方法を参考に

厚みのある当たりで

もう一度自信を取り戻しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。