バックスイングとダウンスイングのスイング軌道が違う理由

バックスイングとダウンスイング何処が違う?

ゴルフスイングの中で

バックスイングとダウンスイング

飛距離や方向性に影響を与えるとても重要なフェイズになります。

そしてこの2つの決定的な違いは

☑バックスイング:大きな円(大回り)

☑ダウンスイング:小さな円(小回り)

という部分になります。

▼バックスイングとダウンスイングのスイング軌道の違い

今回は

このスイング軌道の違いは

①身体のどの動きによって生じているのか?

②ショットにどのような影響を与えているのか?

という部分にしぼって解説していきます(^^)/

 
スポンサーリンク

①身体のどの動きによって生じているのか?

動画の中でも解説していますが

バックスイングとダウンスイングのスイング軌道の違いは

主に右肘の動きによって変わります。

先程の解説と合わせると

☑バックスイング:大きな円(大回り)➡右肘を伸ばす動き(伸展)

☑ダウンスイング:小さな円(小回り)➡右肘を曲げる動き(屈曲)

といったように

右肘が全く違う動きをします。

しかし

右肘のこの動きが逆になっている人が多いので

しっかり確認しておきましょう。

②ショットにどのような影響を与えているのか?

①で解説した右肘の動きがしっかり行えると

ダウンスイングでは小さな円(小回り)のスイング軌道となるので

ヘッドスピードが格段に向上して

飛距離がアップします。

しかし

ダウンスイングで

右肘の動きを曲げる(屈曲)のではなく伸ばす(伸展)動き

つまり

逆の動きをしてしまうと

スイング軌道は大きな円(大回り)となり

ヘッドスピードが落ちて

飛距離ダウンとなってしまいます(>_<)

少しややこしいですが

先程の動画を見て

右肘の動きをしっかりと理解しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。