前澤友作さんのゴルフスイングを分析!!なぜ上手いのか!?

前澤友作さんのスイングを分析

数々の著名人の中で

ZOZOTOWN元社長の前澤友作さんの

ゴルフの上手さは突出していますが

今回はその上手さの秘訣を探るべく

理学療法士の視点で

スイング分析してみました(^^)/

 
スポンサーリンク

前澤友作さんのゴルフ

青木功さんとのマッチプレーの動画になりますが

前澤さんは青木功さんに劣らぬ技を見せてくれます。

特にティーショットやグリーン周り安定性はプロゴルファーに匹敵します。

そんな前澤さんの

スイングに隠されたゴルフの上手さの秘訣を

以下の動画で分析してみました。

前澤さんのスイングを分析

上記の動画で前澤さんのゴルフスイングを分析して

特徴を解説していますが

上手さの理由をもう少し補足しておきます。

結論から申し上げると

上手さの理由は

アドレス、ダウンスイング、インパクトにあります。

ちなみに

今回のスイング分析に使用したアプリはこちらになります。

▼スイング分析アプリ(無料)

アドレス(セットアップ)

アドレスでは

しっかりと骨盤の前傾(前に倒れる)角度が維持できており

まさに理想的なアドレスと言えます。

これによってスイング中の股関節の動きが出やすくなります。

▼骨盤の前傾角度の重要性

ダウンスイング

クラブを寝かせながらダウンスイングを行う動きを

シャローイングと言ったりします。

前澤さんはこのシャローイングの動きによって

インパクトでよりボールを捉えやすくしています。

▼シャローイングの動き

インパクト

インパクトでは

左足を一瞬蹴り上げて

軽くジャンプするように伸びあがる動きが見られます。

この動きをジャンピングと言って

インパクト付近でヘッドが走り

結果的に飛距離が出やすくなる動作となります。

▼ジャンピングの詳細

以上

☑骨盤の前傾

☑シャローイング

☑ジャンピング

この3つが前澤さんが

正確で鋭いショットが打てる理由になります。

しかし

最後に注意点もあります。

注意点

注意点としては

インパクトを過ぎたフォロースルーの時期に

右肘を曲げる動きが出ているため

右肩を痛めやすくなります。

これに対する対策は以下に載せておきます。

(前澤さんはレフティーなので以下は右打ちの方の場合の記事になります)

▼左肩を痛める理由

今回は前澤さんのスイング分析を行ってみて

私自身とても勉強になりました。

ゴルフは分かっていても

結果を出すのがとても難しいスポーツです。

今回の記事を参考に

皆様のレベルアップに繋げていて抱ければ幸いです(^^)/

関連動画

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。