ゴルフ/紫外線対策で皮膚ガン予防

木村 陽志
木村 陽志

ゴルフで日焼けすることは多いと思います。
皆さんは対策していますか?

ゴルフと皮膚ガンのリスク

ゴルフの試合を見ていると

日に焼けて肌が真っ黒な選手をよく見かけます。

▼以下の研究によると

女性プロおよびアマチュアゴルフプレーヤーを対象とした研究では

太陽光による紫外線により非黒色腫皮膚がんを発症する可能性がある

引用元:Skin Cancer in Professional and Amateur Female Golfers

つまり

ゴルファーは紫外線により

非黒色腫皮膚ガン(ひこくしょくしゅひふがん)の発症リスクが高いようです。

特に肌の露出が多い女性ゴルファーは注意が必要です。

では

非黒色腫皮膚ガンとはどんな特徴があるのでしょうか?

 
スポンサーリンク

非黒色腫皮膚ガンとは?

非黒色腫皮膚ガン

少し皮膚が赤くなります。

他の臓器には転移しませんが

太陽光日焼けマシンなどに

長時間さらされると発症しやすくなります。

発症しやすい人の特徴としては

☑ 日焼けすると皮膚が赤くなる(色白)

☑ 目の色が青もしくは緑

☑ 赤毛もしくは金髪

上記のような特徴にあてはまる人はしっかりと紫外線対策しましょう。

紫外線対策は年中必要

太陽光からの紫外線は

夏だけではなく冬でも注がれています。

特に4月から紫外線が上昇するようなので早めに対策しましょう。

雨の日や曇りの日も紫外線は注ぎ続けています。

特に皮膚の露出が増える時期には

このような日焼け止めや

長袖のウェアなどで対策しましょう(^^)/

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください