座る姿勢がゴルフスイングに影響する理由

どんな座り方?

皆さんは日常生活で椅子に座る時

どんな姿勢ですか?

骨盤の角度によって座る姿勢は変わりますが

ほとんどの方が写真右のような骨盤後傾位ではないでしょうか?

今回は

このような座る姿勢によって

ゴルフスイングにどのような影響がでるのかを解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

骨盤の角度によるスイングへの影響

日常生活の座る姿勢はほとんど無意識に形つくられますので

そのままゴルフスイングにも反映しやすくなります。

まずはアドレスになりますが

骨盤前傾位では

身体が前方にしっかり倒れて背中も伸びた状態になります。

骨盤後傾位では

身体が起き上がった状態となり背中が曲がってしまいます。

ではこの状態でスイングした場合

どのような影響がでるでしょうか?

このようにインパクトを見てみると

骨盤前傾位では

腰の回転がしっかり行えて右足の踵が地面から離れています。

骨盤後傾位では

腰の回転不足となり右足の踵が地面から離れていません。

このように

日常生活上の座る姿勢で骨盤が後傾位だと

アドレスでも不良姿勢となり

インパクトでは腰の回転不足を引き起こして

☑飛距離ダウン

☑ミスショット

などの原因となります。

骨盤後傾位の場合に腰の回転不足を引き起こすメカニズムについては

過去の記事で解説したので詳しく知りたい方は

以下の記事をご覧ください。

▼骨盤後傾位で腰の回転不足を引き起こす理由

このように

ゴルフでの不良姿勢は

日常生活の中での姿勢に大きく影響を受けますので

理想的なスイングを習得するために

まずは日常生活の中での座る姿勢を意識してみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。