シャンク癖の原因とそれを即解消する簡単ゴルフ練習法

その日のスコアはシャンクで終了

シャンクは

クラブのボーゼル(ネック)に

ボールが当たってしまい

極端な右方向へ

ボールが飛んでいってしまう

ラウンド中の大事故の一つと言えます。

 

ラウンド中に

このようなシャンクが出ると

☑次のショットが打ちずらい(ライが悪い)

☑OBやワンペナになってしまう

☑イップスになってしまう

などあまり良いことがありません。

 

しかも

シャンクに

なってしまう原因を

明確にしなければ

それを何度も繰り返して

シャンク癖が付いてしまいます。

 

そこで今回は

このようなシャンク癖を解消する

シンプル練習法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

シャンクする人の特徴

出典:https://youtu.be/hyt7cn4sqC4

シャンクに

なってしまう人の特徴としては

このようにインパクト付近で

①手元が前に出てしまうことになります。

 

それに加えて

アドレスの際に

②ボールの位置が近すぎた場合にも

同じようにシャンクしやすくなります。

 

なので

ここからは

①と②のどちらとも予防して

シャンクが解消する練習法を解説します。

シャンク癖を解消する練習法

出典:https://youtu.be/hyt7cn4sqC4

シャンク癖を

解消する練習法としては

シンプルにボールの

位置を身体に近づけて

手元も身体に最も近い状態で

ショットの練習をすることです。

 

この状態で

ショットするとボールは

フェースのヒール(根元)側に

当たって右方向に

飛びやすくなるのですが

そうならず

まっすぐに

飛ばすことができれば

シャンク癖が出にくい

スイングイメージを

(小脳に)学習させることができます。

 

この練習を行うことで先程の

①手元が前に出てしまう

→手元が前に出にくくなる

②ボールの位置が近すぎた場合

→①が改善しボール近くてもシャンク出ない

といったように

1つの練習で

シャンク癖に繋がる

2つの問題を解決することができます。

 

シャンクに悩む方は

練習場で行うメニューに

是非、取り入れて

次のラウンドから

シャンクゼロを目指しましょう(^^)/

▼参考動画

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。