ドライバーでOB減らす1つの方法

OB減らせばドライバーが武器になる

ドライバーショットで距離をかせぎたいが

OBが怖くてしっかり振れない(>_<)

そういった方は多くいらっしゃいます。

 

しかし

ドライバーがOBにならずに

何とか残ってくれれば

セカンドショットの際に気持ちの余裕が出てきます。

 

そこで今回は

ドライバーショットを何とかOBしないための

1つの方法について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドライバーショットをOBにしない1つの方法

この動画の中で解説されていますが

ドライバーショットをOBさせないためには

レベルにショットするということになります。

 

どういうことかというと

レベルブローと言って

インパクト付近でボールに対して

フラットに当てていくイメージを意味します。

 

ティーアップしているからと言って

アッパーブローに入れ過ぎてしまうと

手の動きが強調されすぎて逆にトップしてしまったり

ダウンブローに入れ過ぎてしまうと

カット気味に入って

スライスしたり吹きあがってしまったり

といったミスショットに繋がってしまうリスクが高まります。

 

そこでレベルブローを習得するためには

ドライバーの高さと同じティーアップした状態で

3番ウッド(スプーン)で正確に当てる練習をすることです。

 

これができると自然にレベルブローが習得できている

ということになります。

 

ドライバーショットでOBが多い

という方は是非3番ウッドでの練習量を増やしてみましょう。

▼ウッドのスイングイメージ

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。