ゴルフは『運動音痴』でも上手くなれるってホント!?

ゴルフは運動音痴でも上手くなれるってホント!?

木村 陽志
木村 陽志

先日このようなツイートをしました。

今まで運動神経の良さ

つまり

スポーツなどが上手くできるかどうかは

遺伝的要因が大きいのではないか?

というイメージが根付いていたと思います。

しかし

Twitterで紹介した記事によると

運動を学習した(努力)量が重要なようです。

自分はゴルフやスポーツのセンスがないんじゃないか?

と諦めてしまっている方は

まず、練習量がこなせているのか?

という部分に目を向けてみるとよいかもしれません。

では

ゴルフの場合

どの程度練習量をこなしたらよいのでしょうか?

 
スポンサーリンク

ゴルフ上達に必要な練習量って?

練習量の違いを分かりやすく表すと

プロゴルファー=1000スイング/日

アマチュアゴルファー=50スイング/日

と言われています。

プロはアマチュアの約20倍の練習量をこなしています。

プロだからそれくらいやって当たり前でしょ‼

と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし

アマチュアゴルファーの中でも

スコアと練習量はやはり比例します。

では、どの程度の練習量を行えばいいのか?

その辺りを『運動学習』の観点から

▼以下の記事で解説しています。

ゴルフ上達のための練習内容って?

もう一つ気になるのは

練習内容だと思います。

練習内容と言ってもYouTubeやブログ等で多くの

トレーニングや練習法がご紹介されていますが

どれが自分に合った練習なのか『不安』になります。

これを解決するには

まずは

☑ 自分自身のスイングを分析すること

☑ 自分自身の課題に合った練習法を実践すること

になります。

つまり

自分自身に合ったオーダーメイドの方法の選択が必要になります。

それを行うためにまとめた記事がありますので

皆様のお役に立てて頂ければと思います。

▼ゴルフ『上達』のための完全マニュアル

まとめ

以上をまとめると

ゴルフは『運動音痴』でも上達するのか?

という問いに対しては

運動を学習した量

つまり

『練習量』によって上達はできるという結論になります。

さらに

『練習内容』も考慮することで

上達スピードを上げていきましょう。

 

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。