【ドライバーのシャフト選び】試打で絶対見ておいた方が良い2つのポイント

ドライバー次第でゴルフは変わる

ゴルフクラブの中でも

比較的高価なドライバーですが

ラウンド中に

18ホール回ったとして

PAR3の4ホールを除いて

ドライバーを使用する頻度は

多くとも合計14回となります。

 

使う頻度は少ないですが

そのホールの最初の1打になる

ドライバーショットは

ゴルフのリズムを作るうえで

とても重要なクラブといえます。

 

そこで今回は

ドライバー購入前に行う試打で

絶対に確認しておいた方が良い

2つのポイントをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

試打で確認したい2つのポイント

この動画の中で

解説されていますが

まず試打の際に

意外とおろそかに

なりがちなのが

シャフトの調子になります。

 

これは

シャフトのどの部分でやすさのか?

という構造の問題なのですが

これによって

つかまりやすさ弾道が変わります。

※調子に関しては試打の際に店員さんに必ず確認しましょう

▼シャフトの調子

しかし

それが全てではなく

ラウンドで使えるのかどうか?

という部分が

最も重要なポイントとなります。

 

では、ラウンドで使える

ドライバーを選択するために

試打で

見ておきたいポイントは?

というと以下の2つになります。

①ドライバーは2球ずつ試打する

1つ目のポイントは

1本のドライバーにつき

2球ずつ試打する

ということが重要になります。

 

なぜ2球かというと

ラウンド時に

1打OBになって

2球目に暫定球を

打つ場合がありますが

この場合2球で

同じミスが出てしまう

ドライバーは本番では

使えないということになります。

 

ここで3球目を打ってしまうと

その日のスコアは

絶望的になってしまうので

2球で勝負ができる

ドライバーを

選択できるように

とにかく

多くの種類のドライバーを

試打することが重要になります。

(高価なかいものですしねw)

②アイアンとの相性を確認する

2つ目のポイントは

アイアンとの相性を

確認するということになります。

 

どういうことかというと

①で2球試打するといいましたが

そのうちの1球を

アイアンのショットに

するということになります。

 

2打目に打つであろう

現在持っているアイアンを持参し

1球目に試打のドライバー2球目に

持参したアイアンといったように

連続で打つことでアイアンショットが

崩れないドライバーかどうかを確認します。

 

ラウンドで使える

ドライバーというのは

2打目の

アイアンを打つ際に

ドライバーを

打ったイメージが

簡単に消えてくれるものが

2打目に繋がる

いいドライバーになります。

 

そういった意味で

アイアンとの相性を

確認しておくことは重要といえます。

 

以上の2つのポイントは

お店で試打するときに

店員さんが

示してくれるわけではないので

自分自身が確かめる指標として

知っておいてもいいかもしれませんね。

 

皆さんが

自分自身に合った

最適なドライバーと

出会えることを祈っています(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。