ゴルフ/アウトサイドイン(大根切り)が直らない人がやるべき2つの基本練習

直らないアウトサイドイン(大根切り)

アマチュアゴルファーの

大半がそうなっている

アウトサイドイン(大根切り)

カット(スイング)軌道によって

☑スライスボール

☑シャンク

☑飛距離ダウン

☑OB多発

といった

残念な結果を生じてしまいます。

 

しかし

これをレッスンなどで

修正しないまま

ゴルフ経験だけが長くなると

悪い癖となって

残ってしまっている方が多いです。

 

そこで今回は

アウトサイドインの

カット軌道を修正する

2つの基本練習をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

カット軌道直す2つの基本練習

この動画の中で

解説されていますが

アウトサイドインの

カット軌道の原因は

①肩が開くこと

②頭の位置が動くこと

の2つになります。

 

ここから

この2つを直す方法を解説します。

①肩が開くこと

出典:https://youtu.be/GSUutFE–L0

肩が開いてしまうと

(ダウンスイングで右肩が前に出る)

ほぼアウトサイドインの

カット軌道は確定してしまいます。

肩が開いてしまう原因は

バックスイングの際に

腕と胸の動きが

同調していない

場合に生じやすくなります。

なので

バックスイングの際に

腕と胸の動きが

同調しやすくなる練習を

行うことで

肩が開いてしまうことを予防できます。

出典:https://youtu.be/GSUutFE–L0

その方法としては

クラブを短く持ち

グリップエンドを

胸に当てながら

ゆっくりスイング練習します。

 

これを行うことで

腕と胸の動きが

同調しやすくなるために

肩が開くことを

予防できるようになります。

②頭の位置が動くこと

出典:https://youtu.be/GSUutFE–L0

頭の位置が動いてしまうと

(ダウンスイングで頭が左方に動く)

腕も前に誘導されてしまうために

アウトサイドインの

カット軌道が確定してしまいます。

そのため

ダウンスイングで

頭の位置が前方に

出ないようにする必要があります。

出典:https://youtu.be/GSUutFE–L0

なので

このように左手で

クラブを立てた状態を

キープして右手だけで

スイングイメージを作りましょう。

そうすることで

ダウンスイング時の

頭の前方移動が抑制されます。

 

以上の2つの問題が

皆さんに

当てはまっていた場合

アウトサイドインの

カット軌道になる

可能性があるので

今回の練習方法を参考に

まっすぐのショットを

打てるようにして

スコアアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。