松山英樹プロが首を痛めてしまった理由~原因はスイング中のあの動き!?~【理学療法士が解説】

松山英樹プロの首痛は必然!?

松山英樹プロは

2022年3月に首を痛め

プロアマ戦出場を棄権し

そのまま本調子ではないままに

マスターズ出場しました。

 

マスターズ2連覇

とはなりませんでしたが

何とか4日間の日程を

無事終えることが出来ています。

 

実は松山英樹プロが

突然発症した

この首痛は必然ともいえます。

 

何故ならば首痛の原因はスイングにあり

ZOZOTOWN CUP2021のときに

松山英樹プロを

間近で見た時にすでに気になっていたからです。

(※上記動画)

 

そこで今回は

松山英樹プロが発症した首痛の

スイングの中での原因を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

松山英樹プロが発症した首痛の原因

結論から申し上げると

松山英樹プロが

首痛を発症した原因は

ゴルフスイングのインパクトを過ぎた

フォロースルーでも

頭を残したままになっていることになります。

 

何故これで首を痛めてしまうかというと

通常首の(椎間)関節は

上から1番目の関節を除いて

各々数度ずつしか回旋(まわる動き)

しないようになっているので

スイング中に頭を残すという動作は

頭を止めて身体が回るため

過剰に首の回旋している状態となり

関節を固定している靭帯や関節包(関節の膜)に

伸張ストレス(負荷)がかかり

微細な損傷や炎症を

引き起こすことで痛みを生じてしまいます。

▼この動作は首痛以外の症状も引き起こす

頭を残すことは飛距離ダウンにも繋がる

スイング中に

頭を残しすぎるということは

このようなめまい、頭痛、首痛の

原因となってしまうだけではなく

身体の回旋も抑制してしまいますので

しっかりと振りきれない

スイングになってしまい

飛距離ダウンしてしまう可能性もあります。

 

逆に頭を残した状態で

飛距離ダウンさせないように

しっかり振りきろうとすると

松山英樹プロのように

首の靭帯や関節包に負担がかかってしまい

痛みを生じてしまうので

インパクト以降は

すぐに顔を上げるという意識が必要になります。

▼頭を残すことでのパフォーマンスの影響

首痛を引き起こさないトッププロのスイング

トッププロの中で最も首に優しい

スイングをしているのは

アニカ・ソレンスタムになります。

 

松山英樹プロと比べると

頭を残さず身体全体の回転で

スイングしているのが分かると思います。

 

理学療法士の視点で見ても

最も身体への負担が少なく

最小限の力で最大限に

飛距離を出す

効率の良いスイングだと言えます。

▼アニカ・ソレンスタムの記事

皆さんも身体への負担を

最小限にしたスイングで

できるだけ長く

ゴルフを続けられるようにしましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。