ゴルフで当たりが不安定なのは【右手のグリップ】が原因!!

当たりが一定しない

ゴルフのショットの際に

いつも当たりが一定しない!!

といった方は

多くいらっしゃいます。

 

このように

ショットが不安定な方の

特徴の一つとして

右手のグリップが

ゆる過ぎる

といった場合があります。

 

右手は使いすぎてしまうと

ミスショットの原因となりますが

逆に使わなさ過ぎても

固定力が下がってしまい

ショットが不安定になります。

 

そこで今回は

ショットが安定しない方のための

右手の適度な

グリップ方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ショットが安定する右手のグリップ方法

この動画の中で

解説されていますが

ショットが安定する

右手のグリップ方法は

ただ強く握るというわけではなく

右手の人差し指と親指で

Vの字ができるように

形を固定するということが重要になります。

この練習は

繰り返し行っていくと

徐々に右手の握りが

強くなってしまうので

一打ごとに

右手の形を確認して

強く握るのではなく

形を固定する意識だけ

持つことがポイントになります。

▼この練習は右手の強すぎるグリップも抑制してくれます

また

この練習が慣れてきたら

次のステップとして

右手打ちの練習を行ってみましょう。

 

右手打ちで

しっかり当たるようになると

右手の正しい使い方は完了です。

▼右手打ち練習法

しかし

そもそも右手のグリップが

意識できないといった方は

まずは

グリップを矯正してくれる

練習器具を使用することがお勧めです。

▼グリップ矯正器具

皆さんも

ゴルフショットを安定させて

スコアアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。