ゴルフのアプローチは下半身主動で劇的に変わる!!

上半身主動になりがちなアプローチ

アプローチショットの際

☑トップ、ダフリ

☑シャンク

☑距離が一定しない

などミスショットが多くなる方は

上半身(手、腕、肩)主動のスイングをしてしまっているかもしれません。

この状態でアプローチを行うと

インパクトの際のクラブヘッドの位置が一定しないので

上記のようなミスショットが増えやすくなります。

そこで今回は上半身ではなく

下半身(腰、膝)主動のアプローチショットについて解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

下半身主動のアプローチショット

プロゴルファーの片山晋呉(かたやま しんご)さんの

YouTubeチャンネルで解説されていますが

アプローチは上半身は固定して

下半身主動でショットすることがとても重要になります。

動画の中で片山プロは

『アプローチは足の裏で打つ』

と発言しています。

どういうことかというと

バックスイングでは右足へ

ダウンスイングでは左足へ

それぞれ体重いどうしますが

足の裏、つまりより身体の下部に意識を持つことで

自然と下半身主動の動きが出やすくなります。

この下半身主動の動きは

通常のスイングでもとても重要になりますので

特に右膝の動きに意識を向けると

それが分かりやすくなりますので参考にしてみてください。

▼腰を回す動きの意識

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。