ゴルフスイング中の蹴り出しは必要か?

スイング中の蹴り出しって?

スイング中の蹴り出しとは

写真のようにiインパクトで

右足で左足の方向に

地面を蹴り出す動きになります。

しかし

蹴り出しという動作が必要であるのか?

トッププロも行っているのか?

など疑問点はいくつかあります。

そこで今回は

スイング中に蹴り出しの動きは必要なのか?

という部分を解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

スイング中の蹴り出しは必要か?

この動画の中で

中井学さんが出している結論としては

”インパクトでの蹴るという動きは行わない”

”むしろ地面反力に対する地面への蹴り返し”

という表現を使われています。

そもそも

右足が地面から離れる動きは

スイング中の骨盤の回転に伴って自然(相対的)に行われる動作なので

蹴る必要がないとも言えます。

つまり

少なくともスイング中の意識の中では蹴り出しのイメージを行う必要がない

というのが結論になります。

しかし

スタンスが広すぎる

スウェイを伴うスイング

などの場合は右足に重心が残りやすいので

蹴り出しに近い動きが必要になる可能性があります。

このようなスイングを続けていると

アキレス腱を痛めてしまう可能性があるので注意が必要です。

▼アキレス腱を痛めるスイング

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。