ゴルフで痛めた関節を保護するサポーター5選

その痛みゴルフが原因かも

ゴルフの練習やラウンド後に

どこかの関節が痛いというご経験はないでしょうか?

実はゴルフスイングが原因で

関節を痛めることがあります。

▼ゴルフ怪我ランキング

このように

一度関節を痛めてしまうとなかなか治らず

ゴルフをする度に悪化してしまう可能性もあります。

そこで今回は

皆さんのゴルフへの復帰の助けとなる

①腰のサポーター

②骨盤のサポーター

③膝のサポーター

④肘のサポーター

⑤手首のサポーター

以上、5種類のサポーターをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

①腰のサポーター

まず1つ目はゴルフの怪我で最も多い

腰を保護してくれるサポーターになります。

まずゴルフで腰痛を引き起こす原因を解消することが先決ですが

» ゴルフによる腰痛の原因

そこから復帰に向けて腰を支えてくれます。

▼腰のサポーターの詳細

②骨盤のサポーター

2つ目は腰痛とよく間違えられる

臀部(骨盤)の痛みを引き起こす原因を

解消してくれるサポーターになります。

臀部の痛みは主に骨盤にある

仙腸関節(せんちょうかんせつ)という部分が原因で引き起こされます。

ゴルフで仙腸関節を痛めてしまう原因と

それを解消する骨盤ベルト(サポーター)を以下の記事でご紹介しています。

▼骨盤のサポーターの詳細

③膝のサポーター

3つ目は意外と痛めやすい両膝を保護してくれるサポーターになります。

ゴルフで膝を痛める原因もスイングにありますので

まずはスイングを見直しましょう。

» ゴルフによる左膝痛の原因

» ゴルフによる右膝痛の原因①

» ゴルフによる右膝痛の原因②

そこから復帰に向けて両膝を支えてくれます。

▼膝のサポーターの詳細

④肘のサポーター

4つ目は肘のサポーターです。

ゴルフ肘と名の付くほど知られているように

ゴルフスイングで肘を痛めることがありますので

まずはその原因を見直しましょう。

» ゴルフ肘の原因

そこから復帰に向けて肘を支えてくれます。

▼肘のサポーターの詳細

⑤手首のサポーター

5つ目は痛めるの中々治りにくい手首を保護してくれるサポーターになります。

まずは手首を痛める原因を解消しましょう。

» 手首を痛める原因のアドレス

» 手首を痛める原因のスイング

そこから復帰に向けて手首を支えてくれます。

▼手首のサポーターの詳細

以上、5つのサポーターをご紹介しましたが

サポーターはあくまで補助的な役割を果たす1つのツールに過ぎません。

ゴルフによる関節の痛みの原因を解消することが

まずは先決になります。

また、関節の痛みが強い場合は

病院受診が必要かチェックしましょう。

▼ゴルフの怪我で病院受診が必要な状況

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。