ゴルフ/飛距離アップする練習まとめ

飛距離アップする練習まとめ

ゴルフの中で

『ボールを遠くへ飛ばすこと』

皆さんにとっての楽しみの一つではないでしょうか?

近年、ゴルフクラブは大きく改良され

時にはアマチュアゴルファーでも

300ヤードを超えるなんてことが可能となってきました。

しかし

皆が飛距離を伸ばせるわけではありません。

そこで

今回は『飛距離アップするためのポイント』

いくつかご紹介します。

 
スポンサーリンク

飛距離アップするポイント

飛距離アップするポイントとしては

①飛ばすための身体づくり

②飛ばすための技術習得

③飛ばすためのツール使用

が主なポイントとなります。

この3つのポイントを

少し詳しく解説していきます。

①飛ばすための身体づくり

まず1つ目の

飛ばすための身体づくりですが

以前ご紹介しましたが

単純に筋力をつけることが必要になります。

▼筋力アップで飛距離アップ

この記事で解説している

飛距離アップに必要な筋力トレーニングは

①ヒップトレーニング

②体幹トレーニング

③握力トレーニング

の3つになります。

①と②に関しては

以下のようなトレーニングがお勧めです。

▼ヒップトレーニング

▼バランスボールを使用した体幹トレーニング

③の握力トレーニングに関しては

いつでもどこでもできるので

以下のようなハンドグリップを使用した練習がお勧めです。

ここまで筋力アップについて解説してきましたが

筋力トレーニングの効果がでるのは

最短でも約2週間後になります。

しかも

トレーニングがしっかり継続できた場合になります。

仮に筋力だけアップしたとしても

飛ばすための技術がなければ効果が実感できない場合もあります。

なので

筋力トレーニングは

あくまで飛距離アップのベースになる部分であると

ご理解頂ければと思います。

ということで

ここからは

飛距離アップするための技術習得方法をお伝えします。

②飛ばすための技術習得

2つ目の

飛ばすための技術としては

以下の2つがあります。

▼生理的反射を利用した飛距離アップ

▼力学を応用した飛距離アップ

この2つの方法は

比較的簡単に実践できるので

是非練習の中でお試し頂ければと思います(^^)/

しかし

トレーニングや技術習得が苦手だ!!

という方には

身につけるだけで飛距離アップするツールというのを

ご紹介します(^^)/

③飛ばすためのツール使用

最後の

飛距離を出すためのツールとしては

以下の3つがお勧めです。

▼マウスピースの使用

▼インソールの使用

▼飛ぶボールの使用

簡単にこの3つのツールをご紹介しましたが

やはり『費用』がかかるといった部分が

気になるかと思います。

これらの記事の中では

できるだけ『費用』がかからない方法をご紹介していますので

是非そのあたりもご参照頂ければと思います。

最後に

今回は『飛距離アップ』の方法をいくつかご紹介しましたが

まずはご自分に合った部分を伸ばして頂ければと思います。

いきなりすべてを行うのは大変ですので

少しずつご自分の課題に応じて

上記の方法を追加していくとよいでしょう(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。