ゴルフスイングで重要なのはコック?orノーコック?

手首のコックの重要性

手首のコックとは

写真のように左手関節の①掌屈+②橈屈を

合わせた動きのことをあらわします。

スイング中に行うこの動きは

飛距離アップと関係があるのでスイング中には欠かせない動きと言えます。

» 手首のコックで飛距離アップする~論文解説~

しかし

コックを行わないノーコックでスイングする

笠りつ子選手なども注目を集めており

コックの必要性が議論されています。

そこで今回は

ゴルフスイングにおいてコックorノーコック

どちらが重要なのかを解説された中井学さんの動画をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

コックorノーコックどちらが重要?

この動画の中で解説されている

コックの考え方のトリックに惑わされている方は多いと思います。

コックとは何なのかを自分に当てはめて考えることで

皆さんそれぞれの結論に行きあたると思います。

しかし

ダウンスイングでは

コックをほどきすぎてしまうと

ダフリやトップなどのミスショットの原因になってしまうので注意が必要です。

▼ミスショットを引き起こす手首のほどき

まずはご自身の動画撮影をして

スイングがどうなっているのか確認してみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。