ゴルフ初心者もすぐできるグリーンの【ピッチマークの直し方】

ピッチマークって?

ピッチマークとは

アプローチショットなどで

ゴルフボールが

グリーン上に落下した際に

できる窪みのことを

言いボールマークとも言います。

 

このピッチマーク

次のプレーヤーのことを

考えて綺麗に直しておくのが

ゴルフのマナーとなっています。

 

しかし

ピッチマークの直し方は

プレイファースト(スムーズな進行)を

意識する中での

ラウンド中はなかなか

実践で教わる機会がありません。

 

そこで今回は

初心者でも分かる

ピッチマークの直し方をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ピッチマークの直し方

この動画の中で

解説されていますが

ピッチマークの直し方の

大原則としては

芝の根をいかに切らずに

行うかということになります。

 

その手順は以下の通りです。

【手順①】

まず初めに行うのは

ピッチマーク

一番盛り上がった部分から

グリーンフォークをさして

ピッチマーク

中心に寄せるように修復します。

【手順②】

次にピッチマーク

両サイドを

グリーンフォークで中心に寄せます。

【手順③】

最後にトントンっと

パターで軽く

叩くようにならして完了です。

 

以上の3つの手順が

基本となりますが

ピッチマークが

深く周りが高く

盛り上がっている場合は

グリーンフォークを

使用せずに

パターでトントンっと

軽く叩くだけで

修正できるため

芝の根を

一切傷つけずにすみます。

 

この方法の詳細は

動画後半を

ご覧いただければと思います。

 

グリーンを

プレイヤー全員が

綺麗に保てるよう努力して

ゴルフをより快適に

楽しめるようにしたいですね(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。