ゴルフで強い球を打つための2つのポイント~視線と左膝~

強い球で飛ばしの爽快感

ゴルフで強い球を打ち

飛距離を出すことで

爽快感を味わうことができます。

 

その快感を

多くのゴルファーが

実感しており

飛ばすこと自体が競技になるほどです。

▼ドライビングコンテスト

そこで今回は

強い球を打ち飛ばすための

スイング中に意識したい

2つのポイントを解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

強い球を打つための2つのポイント

この動画の中で解説されていますが

強い球を打つためのポイントは

①インパクトまではボールから視線を離さない

②ダウンスイングからフォロースルーまで左膝を開かない

主にこの2つにになります。

 

ここから少し詳細に解説します。

①インパクトまではボールから視線を離さない

一つ目は

ボールに当たる瞬間の

インパクトまでは

ボールから視線を

離さないということになります。

 

そもそも

ボールを芯で捉えなければ

強い球を打ち飛距離を出すことは

かないませんので

インパクトまではボールから

視線を離さないことが重要です。

 

また

これを行うことでの

もう一つの利点は

ミスショットに繋がる

スウェー

右足へ体重が残ってしまう

悪い動きの予防になります。

 

しかし

視線を離さないのは

あくまでインパクトまでで

それ以降の

フォロースルーからフィニッシュにかけて

視線(頭)を残してしまうと

首の怪我の原因となってしまったり

逆に飛距離が落ちてしまう

可能性もあるので注意しましょう。

▼頭を残しすぎると生じる不利益

②ダウンスイングからフォロースルーまで左膝を開かない

二つ目は

ダウンスイングからフォロースルーに

かけて左膝を開かないことになります。

 

ここで左膝を開いてしまうと

インパクトで

クラブがボールに

向かう力が半減してしまいます。

 

また方向性も

不安定となりやすくなります。

 

この左膝を開かないためには

左内腿にある内転筋を

作用させることが重要となります。

それをスイング中に

しっかり作用させるためには

股関節の動きを意識することがお勧めです。

▼スイング中の股関節の動き

しかし

スイング中に

これを意識することが

難しいという方は

左足を固定して

無意識に左膝を開かないように

トレーニングする方法がお勧めです。

▼左足を固定して膝の開きを予防

今回ご紹介した

スイング中の視線、左膝の動きを

意識して

強い球を打ち出せるようになり

ゴルフによる爽快感を味わいましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。