飛距離アップに繋がる股関節を意識したアドレス

ゴルフのアドレスは股関節が重要

ゴルフで

飛距離アップするためには

アドレス時の

股関節の位置の確認が重要になります。

▼アドレスで重要な股関節の位置(骨盤の前傾)

今回はアドレス時の

股関節の位置に加えて

股関節の安定感を引き出して

さらに飛距離アップしやすくなる方法を

ご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

飛距離アップに繋がる股関節を意識したアドレス

この動画の前半で

上田桃子プロが解説していますが

アドレスで股関節を安定させるには

一度ジャンプして着地し

その状態で

“左右から身体を押しても安定する姿勢”

がポイントになります。

 

ジャンプして着地した瞬間が最も

身体を安定させるために

全身の筋肉がバランスよく作用した状態

になります。

 

特に

股関節周囲の筋肉の中では

●大殿筋(だいでんきん)

●ハムストリングス

●大腿四頭筋(だいたいしとうきん)

●内転筋(ないてんきん)

が作用しますので

アドレス時の身体の安定に繋がり

下半身が安定したスイングが行えます。

 

皆さんも

股関節の位置、安定性を高めて

飛距離アップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。