ヘッドスピードを上げるにはヘッドではなく身体の中心に意識を向ける

気持ちよく飛ばしたい

ドライバーショットでバシーン!!

と飛距離が出ると

気分よく2打目を打つことが出来ます。

 

このいい流れのきっかけを

つくるためには

飛距離を出すことはとても重要です。

しかし

飛ばすための

いろんな理論を詰め込み過ぎて

逆に飛距離が落ちて

また元のスイングに

戻そうとすると戻せない

といった負のサイクルに

入ってしまうとイップスに陥ったり

ゴルフがつまらなくなってしまいます。

そこで今回は

そうならないために

スイングは大きく変えずに

飛距離が出やすくなる

考え方をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ヘッドスピードを上げる考え方

飛距離アップするには

そもそもインパクトの瞬間の

ヘッドスピードを上げる必要があります。

▼スマホでヘッドスピード計測器

しかし

安易にヘッドスピードを

上げようとすると

力みなどが入り

逆にヘッドスピードを

落としてしまう可能性もあります。

今回の動画の中で解説されているのは

ヘッドはゆっくりのイメージで

肩の切り返しだけ素早く行う。

これだけになります。

どういった理屈かというと

ゴルフスイングは

身体を回転して行うため

その回転の中心に近い部分を

回転させる

イメージを持つことで

回転の外側にある

ヘッドが走りやすくなります。

▼身体の中心にに支点をつくると飛ぶ

そのため回転の外側にある

ヘッドの方に

意識を持っていってしまうと

支点の位置が

中心からズレてしまうので

スウェーが出やすくなり

逆にヘッドスピードを

落としてしまう可能性があります。

 

なので

身体の中心部を

回転させるといったイメージとしては

肩の切り返し(ローテーション)という

イメージが分かりやすいと思います。

(※詳細は動画をご覧ください)

 

練習の際に

是非お試し頂き

次のラウンドからの

飛距離アップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。