ゴルフ/打ち出し方向を調整する練習

打ち出し方向を調整する練習

ゴルフにおいて

打ち出し方向の調整はとても重要になります。

なぜならば

『フックボール』

『スライスボール』

のような飛球の方向性がばらつく以前に

打ち出し方向が狙い通りいかないと

ミスショットが増えてしまいます。

打ち出し方向

つまり

目標をしっかり狙う!!

という部分を意識するための練習法を

今回はご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

打ち出し方向を調整するためには

今回は簡単に作成した的(まと)を狙います。

あえて遠くを狙うのではなく

近くの的を狙います。

ゴルフの打ち出し方向を意識するときに重要なのは

まずは近くを狙うということです。

なぜならば

遠くを狙いすぎると

視覚に入ってくる

『池』

『バンカー』

『木』

などの障害物が気になり

メンタル的な影響を受けやすいからです。

それらの情報はアドレスに入る前に確認して

打ち出し方向が決まったら

数m先を狙うようにします。

そうすると

比較的障害物などのメンタル的影響を受けにくくなります。

今回ご紹介する練習は

近く(数m先)の的を狙う練習になります。

近くを狙う的当て練習方法

【用意するもの】

☑ アイアン

3段の棚(楽天市場で¥1,500前後)

☑ 的(まと)

※段ボール面の後方に『割り箸』をテープなどで2本つけて的が立つようにする

プラスチックボール(Amazonで¥1,500前後)

ゴルフマット(Amazonで¥4,000前後)

【方法】

①3段の棚を横にして置く

②棚の中に的を立てる

③数m離れたところにゴルフマットとプラスチックボールを置く

④的を狙ってショットする

▼実際の練習動画はこちら

練習動画

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
打ち出し方向を調整するには近いところから狙うことがよいでしょう。
そのために
今回ご紹介したような的当て練習は楽しくできますので
是非お試しください(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください