ゴルフ/すぐできる『手打ち』改善トレーニング

『手打ち』は簡単に改善できる

ゴルフにおいて『手打ち』というのはパフォーマンスが出にくい『厄介なクセ』の一つです。

身体の構造を考えても『手だけで打つ』というのは力が発揮できないのはイメージがつくと思います。

つまり

力が発揮できない=飛距離が伸びない

ということになります。

重要なのは『身体の使い方』と言えると思います。

その解決方法は過去の記事でもご紹介しましたが

以下のボールを使ったトレーニングがオススメです。

『身体の使い方』を改善させるボールトレーニング⇩⇩⇩⇩⇩

しかし

上記のボールを使用したトレーニングは

まずボールを購入(ボールの詳細は上記記事で紹介)しなければならない

ボールを投げ合うため

2人でなければできない

こういったデメリットもあります。

もちろん 

トレーニングのパートナーがいた方が楽しく練習できるという方は上記のトレーニングをオススメしますが・・・

 

なので今回は

ボールを使わず

一人でできる

『手打ち』改善のトレーニングをご紹介致します。

スポンサーリンク

トレーニング方法

【用意するもの】

アイアン2本(7番と8番がオススメ)

【方法】

①アイアン2本をベースボールグリップで握ります(2本のアイアンを落とさないため)

②まずは腰を使いハーフショットで反復的にスイングします

③少しずつ身体の回転とスイングを大きくしていきます

④そのまま2~3分スイングを続けます

※クラブが重く感じ、反復して振れないときは『身体全体を使った』スイングができていない可能性があります。

【効果】

☑クラブの重さが加わり、自然に身体全体がストレッチされます

☑クラブの重さを感じることで、『力み』が軽減する

身体の中心(体幹)が安定し、スイング時の『軸』が安定する

ベースボールグリップの解説はこちら⇩⇩⇩⇩⇩

トレーニング動画

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
自宅で簡単に一人でできるトレーニングですので
是非お試しいただき、効果を実感して頂ければと思います(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください