ゴルフが上達するための練習量はどれくらい必要?

ゴルフが上達するための練習量はどれくらい必要?

ゴルフが上達したいと思うのは

ゴルフプレイヤーなら誰でも願うことだと思います。

しかし

なかなか上達しない・・・

というのが現実だと思います。

そこで

今回は

『ゴルフの練習内容』ではなく

『ゴルフの練習量』にだけ着目して

解説したいと思います。

スポンサーリンク

無意識で打つのが重要

ゴルフはメンタルスポーツともいわれますが

コースにある

『傾斜』

『バンカー』

『池』

『木』

『後ろの組』

など

打つ前に様々な心理的影響をうけます。

そういったプレッシャーが

あなたのスイングを狂わせてしまうのです。

 

では

そういった心理的影響を受けないためにはどうしたらよいのでしょうか?

それは

あらゆる状況でも

余計なことを考えずにすむ

『無意識なスイング』です。

それを達成するには圧倒的な練習量が必要です。

どの程度練習したらよいのか?

それを以下に示します。

練習量は裏切らない!?

運動学習のガイドラインによると

①:数十回の反復によって、課題を意識できるようになるが、運動記憶には何も残らない

②:数百回の反復によって、運動記憶は弱々しく残るが短期間で忘れてしまう

③:数千回の反復によって、運動記憶は確立されるが、高度な技術運動では不十分である

④:十万回の反復によって、高度で熟練した運動技能として完璧に運動記憶に残る

 

ゴルフ練習場などで

皆さんはどの程度練習していますか?

 

プロゴルファーは③、④に該当すると思いますが

プロゴルファーでもミスショットはあります。

④に辿り着けるのは選ばれし強者といえます。

アマチュアゴルファーは①、②に該当すると思いますが

一部は③に辿り着ける方もいらっしゃいます。

しかし

練習場ではコストと時間がかかるため

プロに勝る練習量をこなせるアマチュアゴルファーは

ほぼいないと思います。

そんなアマチュアゴルファーの方が

コストをかけず

行えるスイングの反復練習をご紹介しておきます。

ご参考にしていただければと思います(^^)/

▼コスパのいいゴルフの練習

スポンサーリンク

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください