ゴルフ/正しいスイング軌道の学び方

木村 陽志
木村 陽志

先日、このようなツイートをしました。

正しいスイング軌道を触れられる形にして

それをクラブシャフトでなぞる。

ツイートの中でこのような体験動画をアップしました。

ゴルフで一番苦労するのは

触れることができず形のない

正しいスイング軌道をイメージだけで理解することです。

これを間違えて解釈してしまうと

我流スイングが完成してしまったり

スコアアップできずに悩む方が多いのかもしれません。

今回Twitterで体験したのは

▼ガイドレールショットという器具になります。

ガイドレールショットを体験していただくと

自分がどのようにスイング軌道を理解していたかが

明確に分かりますが

個人購入すると

結構お高いですね(>_<)

しかも

ある程度のスペースも必要になります。

ということで

おそらく大半の方はイメージだけで

正しいスイング軌道を理解することを選択すると思います。

そこで

今回は正しいスイング軌道をイメージで理解するために必要な

3つのポイントをご紹介します。

スイング軌道を理解する3つのポイント

スイング軌道をイメージだけで理解するために必要な項目は

バックスイングの方向

スイング時の身体の動き

スイング時のフェース面の動き

主にこの3つになります。

もう少し詳しく説明すると

①バックスイングの方向

特にスイングのはじまりの

『テイクバック』でのスイング軌道を間違えてしまうと

ここからスイングはすべて崩れてしまいます。

まずはスイングのはじまりである『テイクバック』

しっかりと理解しましょう(^^)/

▼正しいテイクバックの方法

②スイング時の身体の動き

正しいスイング軌道を通過するためには

スイング時に正しい身体の動きができる必要があります。

ここで多くの方が苦労するのが

ダウンスイングでの右肘の動きです。

ここをしっかりと理解すればその他は難しくはありません。

身体の動きは連動するものなので重要なポイントを押さえておけば

流れるようにうまく動かせるようになります。

それがダウンスイングになります。

▼スイング時の正しい身体の動き方

③スイング時のフェース面の動き

フェース面の動きというのは

先程説明したスイング時の正しい身体の動きができていれば

結果としてボールをしっかり捉えることができます。

ボールをしっかり捉えるためにはフェース面の向きがとても重要になります。

 

スイング時に

正しい身体の動きができていると

思い込んでいるが結果に結びつかないという方に

答え合わせとしてフェース面の向きを確認することをお勧めします。

これを行うことで

『練習』『結果』が結びつくということになります。

▼正しいフェース面の動き

木村 陽志
木村 陽志

① バックスイングの方向
② スイング時の身体の動き
③ スイング時のフェース面の動き
の3つを理解して『スコアアップ』を目指しましょう(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください