ゴルフ/シャンク



シャンクとは

インパクトの際にクラブの『ボーゼル(ネック)』にボールが当たり

極端な右方向(右打ちの場合)へボールを打ち出してしまう事象のことをいいます。

この場合

過度なアウトサイド軌道で起こりやすくなります。

しかし

同じような事象として

以下のようなものがあります。

シャンク擬(もど)き

『シャンク』と間違えやすいのがこの『シャンク擬き』です。

ちなみに『シャンク擬き』という言葉は私自身がそう呼んでいるだけです(笑)

先程の説明したように

通常の『シャンク』はボーゼル(ネック)にボールが当たります。

しかし

『シャンク擬き』の場合はトゥにボールが当たります。

そして極端なインサイド軌道により起こります。

結果は同じで右方向にボールが飛んでいってしまいます。

この『シャンク』『シャンク擬き』

の違いを説明した理由としては

『シャンクが出た!?』と思ったときに

どちらが起きているのかが区別できていないと

間違った修正をしてしまう可能性があるからです。

ゴルフにおいて1打のミスショットをいかに修正し

結果を良くしていくか

という部分はとても重要になります。

そのためには

ミスの原因が分かっていないと修正できないということです。

上記で説明したように

『シャンク』『シャンク擬き』の結果は同じでも

過程は全く違います。

この辺りに注意して

以下の動画はどちらか当ててみてください(^^)/

『シャンク 』or 『シャンク擬き』?

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
答えは過去の記事で解説しましたのでそちらをご参照ください(^^)/

『シャンク』or『シャンク擬き』?答えはこちら⇩⇩⇩⇩⇩

木村 陽志
木村 陽志

『シャンク』『シャンク擬き』の違いを以下にまとめておきますので
皆さんも是非対策してみてください(^^)/

違いのまとめ

goru【シャンク】

☑ボーゼル(ネック)にボールが当たり、飛球が極端な右方向へ打ち出される

☑過度なアウトサイド軌道で生じる

☑インパクト時に手への衝撃はあるが重くは感じない

 

【シャンク擬き】

☑ボーゼル(ネック)にボールが当たり、飛球が極端な右方向へ打ち出される

☑過度なインサイド軌道で生じる

☑インパクト時に手への衝撃と重さを感じる

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください