ゴルフ/『コースでトップばかり』とお悩みの方のスイング解析

木村 陽志
木村 陽志

今回も愛知県で開催された『フィットネスフェスタ』
でスイング解析の体験を受けられた方のスイング解析です(^^)/

お悩み

☑ コースでトップが多い

スイングの問題点

☑ アドレスで背中が丸まっている

  正しいアドレスとは? ≫

☑ インサイドからのバックスイング

☑ ダウンスイング~インパクトでの腰の回転不足

☑ インパクトの際にハンドファーストになっていない

  ハンドファーストとは? ≫

スイング解析結果

【アドレス】

①:

骨盤の前傾(前に倒れる)角度が不足しているため

背中が丸くなっています。

骨盤の前傾角度が少ないと股関節の靭帯が引っ張られた状態になり

股関節の動きが悪くなることでスイング時の腰の回転が不足しやすくなります。

②:

スタンスがやや広めの印象です。

スタンスが広いと腰の回転が不足しやすくなります。

木村 陽志
木村 陽志

アドレスでは
☑ 骨盤の前傾角度が不足している
☑ スタンスが広め
この2つが引き起こすのは腰の回転不足です。
その後のスイングに大きく影響を及ぼしますので修正したい部分ですね。

▼正しいアドレスとは?

【テイクバック~トップ】

③:

テイクバックは

クラブが赤線(シャフトプレーン)を通過しています。

これはインサイドからのテイクバックになっていることを示します。

通常のテイクバックはクラブが黄線(スイングプレーン)を通過します。

そのためにはテイクバックで

『肩関節の屈曲(くっきょく)』という動きが必要です。

テイクバックで必要な『肩関節屈曲』の動きとは ≫

④:

インサイドからのテイクバックにより

通常よりも骨盤の回転が過剰となり

トップでクラブヘッドが前方に出てしまう『クロスオーバー』となっています。

この『クロスオーバー』により

その後のスイングに様々な影響が出ます。

クロスオーバーとは ≫

⑤:

アドレスでも説明しましたが

股関節の動きが制限されていますので

その代償として

☑ 左膝が内側に入る

これは左膝を痛める要因となりますので注意が必要です。

さらにもう一つ

☑ 左肘が曲がっている

これは肩関節の硬さが問題で生じている可能性があります。

対処法は以下をご参照ください。

▼肩関節の硬さを改善するには?

【インパクト】

⑥:

インパクトでは右足が地面についたままになっています。

通常は右の踵が地面から離れます。

これも腰の回転不足によるものです。

⑦:

腰の回転不足による影響はいくつかありますが

インパクトの際にハンドファーストではなく

クラブヘッドが先行してしまっています。

ハンドファーストとは? ≫

⑧:

さらに

腰の回転不足はもう一つ

インパクト以降の肘曲がりを引き起こしています。

この肘曲がりは左肩を痛める要因となりますので注意が必要です。

木村 陽志
木村 陽志

お悩みの『コースでのトップ』の要因が
まさにインパクトでハンドファーストになっていないという部分が一番の要因であると思います。それを引き起こしているのは腰の回転不足になりますので、やはりアドレスから修正する必要がありますね。

【フィニッシュ】

⑨⑩:

フィニッシュでは右足に体重が残り

足の位置がかなり移動してしまっています。

すべてはアドレスからはじめる腰の回転不足が要因で

最後のフィニッシュにまで影響が出ています。

実際の動画解説

木村 陽志
木村 陽志

このようにスイングの問題の原因は前のフェイズにあります。
つまりスイングのはじまりであるアドレスが最も重要であるということですね。
是非、まずアドレスから直していきましょう(^^)/

 

いかがでしょうか?

当サイトではこのように

ゴルフでお悩みの方のスイング動画を

無料で解析しています。

ここで解析させていただいた方で

ゴルフで結果が出た方のお声も頂いています。

是非お気軽にご相談ください(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください