ゴルフ/『アドレス』と『インパクト』の違い

実は違うアドレスとインパクト

ゴルフスイングの際に

最初の構え(アドレス)

ボールを打つ瞬間(インパクト)

の違いを意識したことはありますか?

もしかしたら

ボールを打つ瞬間(インパクト)

『アドレスと同じところに手を戻してくるイメージ』で打っていませんか?

アドレスとインパクトの3つの違い

写真のように

『アドレス』『インパクト』には主に以下のような3つの違いがあります。

 

【ポイント①】

アドレス:両手は地面に向かって真っすぐ伸びた状態

インパクト:右肘が少し曲がる

【ポイント②】

アドレス:腰は回転していない

インパクト:腰は左回転しはじめる

【ポイント③】

アドレス:右足は地面に着いたまま

インパクト:右足の踵が地面から離れる

これだけの違いがある中で

インパクト時にアドレスに戻すというイメージでボールを打ってしまうと

▼以下のような腰の回転不足となったスイングになってしまいます

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
ここから『アドレス』と『インパクト』のイメージの違い
を埋める簡単なトレーニングをご紹介しますね(^^)/

スポンサーリンク

『インパクト』の形を覚える

その方法は非常に簡単です。

まず先ほど説明したような『インパクトの形』をつくり

ボールの位置を合わせます。

そのイメージをしたまま

一旦アドレスに戻し

その後にボールを打ちます。

 

たったこれだけです。

 

『アドレス』の前に『インパクトの形』をつくる

 

実はこれを行うと

すぐにミート率が上がり

まっすぐ飛ぶようになります。

 

実際の練習動画

木村 陽志
木村 陽志

一瞬で効果を実感できるので皆さんも驚くと思います。
是非、今日からの練習でお試し頂きさらにゴルフを楽しみましょう♫

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください