新型コロナの影響/競技ゴルフのルール一時改訂

競技ゴルフのルール一時改訂

今回、新型コロナウイルスの影響で

様々な感染対策が行われています。

▼新型コロナで変化するゴルフ

そんな中、R&Aより

☑競技ゴルフ

☑ハンディキャップシステム

においてルール改訂が発表されました。

ルール改訂された内容を以下に示します。

 
スポンサーリンク

ルール改訂内容

【①スコアの記録】

改訂前:プレーヤーのスコアはマーカー(記録係)がスコアカードに記録する

改訂後:プレーヤーは自身でスコアカードを記録してもよい

【②ピンの抜き差し】

改訂前:ピンを差したままプレー可能

改訂後:ピンを外したままプレー可能

【③ホールの深さ】

改訂前:ホールは一定の深さが必要。

改訂後:ホールを浅くしてもよい(プレーヤーがピンに触れずにボールを取り出しやすくするため)

【④バンカーのレーキ】

改訂前:レーキを使用してバンカーを整備する

改訂後:レーキではなく靴やクラブでバンカーで整備する

▼レーキ

ルール改訂内容の

すべてに共通するのは

『共有物の接触を避けること』になります。

今回の改訂で気になる点は

バンカーの整備が十分行われない環境になるので

やや難易度が上がりそうというところです(>_<)

その他はあまりプレーに影響はなさそうですが・・・。

今回の改訂内容は

スコットランドでは即時適応とされたようです。

特に競技ゴルフに参加される方や

ゴルフの指導的立場にある方は

是非知っておきたい内容になりますので

参考にして頂ければと思います(^^)/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。