ゴルフコンペの時の【ハンディキャップ】の付け方

ゴルフのハンディキャップ

ゴルフの

ハンディキャップ(handicap)

ゴルフの初級者から上級者の差をなくして

誰もが優勝のチャンスが得られるように設けられます。

 

ハンディキャップには大きく

☑プライベートハンデ

➡コンペなどで使用される(1回のスコアで査定)

☑オフィシャルハンデ

➡プロの大会で使用される(10回のスコアで査定)

の2つに分けられます。

 

今回は

ゴルフコンペで使用される

3種類のプライベートハンデについて

解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

3つのプライベートハンデ

プライベートハンデは

以下の3種類になります。

①【新ペリア(ダブルペリア)方式】

現在コンペではよく使われる方式になります。

基本的には18ホールの中でいくつかのホールが

隠しホール(競技者に知らされずハンディが付くホール)

が設けられて

合計打数をNとした場合、「(N×1.5-72)×0.8」がハンデとなります。

新ペリア方式の場合は

18ホール中12ホールが隠しホールとなります。

【ペリア方式】

新ペリア方式ができる以前に

よく使われていた方式になります。

隠しホールが6ホールしかないので

運の要素が強くなり

初級者と上級者の差がつきにくい方式といえます。

計算方式は隠しホールが少ない分

「(N×3-72)×0.8」となります。

【新新ペリア方式】

新ペリア方式とペリア方式の

中間と言える方式になります。

隠しホールは9ホールとなり

計算方式は

「(N×2-72)×0.8」となります。

最後に(結局どれを選ぶのか?)

プライベートハンデには

以上の3種類がありますが

もう1つ決めなければならないのは

ハンデの上限です。

 

通常は36に設定することが多いですが

全員の優勝確率を上げるには

ハンデの上限なしという設定も可能です。

 

なので

上記3つのハンデ方式と上限を

コンペの幹事は

どう決めればよいのか?

 

それは一言で

【誰を勝たせたいのか】というところに

尽きると思います。

その辺りは

人間関係や上下関係など

幹事が把握する範囲の情報をもとに

決定する腕が試されますね(^^)/

 

ちなみにハンデの算定や

それに伴った順位表をに関しては

例えば

『ダブルペリアの上限36でお願いします』

といった感じで

ゴルフ場に伝えておけば

ラウンド後に

すべて算出してくれます(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。