飛距離を出すのに“力”はいらない

最近、飛ばなくなってきた

ゴルフ中級者の悩みとして多いのが

飛距離が出ない、もしくは飛ばなくなってきた

というところになります。

 

そのために

●レッスンを受ける

●クラブを変えてみる

●飛ぶボールを使ってみる

いろんなことを試してみたが

大きくは飛距離が伸びない!!

 

そして

飛ばないことがコンプレックスになると

力みが生じてしまい

ミスショットなどが増えて

逆にゴルフ全体のパフォーマンスを落としかねません。

 

そこで今回は

力ではなく、ちょっとした身体の使い方で

飛距離を出す3つのポイントをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

飛距離アップする“力”ではない身体の使い方

この動画の中で片山晋呉プロが

解説していますが

飛距離を出すためには

①左手をウィークグリップにする

» ウィークグリップとは?

②アドレスで両肘を少し曲げておく

» 肘を曲げて力みを回避

③バックスイングをアウトサイドから上げる

» バックスイングの正しい軌道

④インパクト時のスウェーを予防する

» スウェー改善方法

 

主にこの4つのの身体の動きを押さえておけば

ミート率が上がり軽く振っているつもりでも

しっかり飛ぶようになります。

 

ポイントを押さえて

力任せではない効率のよいスイングを身に付けましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。