アプローチの時に固定する関節は?

アプローチのミスを減らすには?

アプローチはスコアアップの重要なカギと言えますが

トップやダフリなど

ミスが出やすいショットとも言えます。

そこで

今回はアプローチのミスを減らすための

固定する関節について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

アプローチの時に固定する2つの関節

アプローチの時に固定しておく関節は

①左手関節と②右肩関節になります。

まず①の左手関節はアドレスで少しコックを入れて

そのままの形でスイング中も固定しておきます。

次に右肩関節を開かないように固定しておきます。

開かないというのは脇を締めておくということです。

どうしても右脇を開いてしまう方は

タオルなどを挟んで練習するとできるようになります。

この2つを行うことで

身体の回転を使わないとショットできなくなり

結果的に手打ちによるミスショットを予防できます。

アプローチの時は

①左手関節と②右肩関節を固定して練習してみてください(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。