スライスを“秒”で直す方法

OB連発スライスボール

ゴルフプレイヤーの多くは

ボールが右にカーブしていく

スライスボールに悩まされます。

 

このスライスボールは

OBになるだけではなく

飛距離も出にくいので

できれば改善しておきたいミスショットになります。

 

そこで今回は

スライスを“秒”で直す方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

スライスを“秒”で直す方法

この動画で解説されていますが

方法はいたってシンプルです。

 

【スライスを直すには】

①バックスイングで胸をしっかり後方に向ける

➡カット軌道のスイングを予防します

 

②グリップを強く握らない

➡強く握るとクラブを押す出す動きに繋がる

(フェースローテーションが抑制される)

 

この2つのポイントになります。

 

このポイントを押さえておくだけでも

多くの方がスライス改善するでしょう。

 

しかし

慣れていないスイングに切り替えると

一時的にパフォーマンス低下を

引き起こす可能性もあるので

しっかり練習してから実践で試してみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。