グリップは握らない!?実は下から支えるだけでいい

グリップは握らなくていい!?

ゴルフのグリップは

パフォーマンスに大きく影響を与えます。

▼グリップによる方向性の変化

しかし

グリップを意識し過ぎると

手に力が入り過ぎて

力みの原因となり

●飛距離ダウン

●ミスショット

を引き起こしてしまいやすくなります。

▼グリップを握り過ぎているときのアドレス

これらは

グリップの握りを意識し過ぎることで

生じる現象になります。

 

そこで今回は

グリップそのものの考え方を覆す

握らないグリップの方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

グリップは下から支えるだけでいい

この動画の中で解説されていますが

力みの原因は

多くの場合グリップの握り込み過ぎによって生じます。

 

しかし

ここでいうクラブをそもそも握るのではなく

“下から支える”というイメージを持つだけで

クラブを握り込む必要がなくなり

必要最低限の力でスイングすることができます。

 

このグリップのイメージだけで

スイングが大きく変わりますので

是非お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。