ゴルフクラブを長く持つ?短く持つ?メリットとデメリット

ゴルフクラブ長く持つ?短く持つ?

皆さんはゴルフクラブを

長く持ちますか?

それとも

短く持ちますか?

人それぞれグリップを持つ長さは

違うと思います。

 

実際には

どちらが良いのでしょうか。

 

そこで今回はゴルフクラブを

長く持った場合と短く持った場合の

メリットとデメリットを

解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

グリップ長くor短く持つメリットとデメリット

この動画の中で

ゴルフクラブを

長く持った場合と短く持った場合の

データ検証が行われていますが

 

【長く持った場合】

メリット:飛距離、弾道が出やすい

デメリット:フェースが返りにくい(スライスしやすい)

 

【短く持った場合】

メリット:フェースが返りやすい(スライスが出にくい)

デメリット:飛距離、弾道が出にくい

 

それぞれの

メリットとデメリットを応用すると

右に飛ぶとOBが出やすいホールでは

クラブを短めに持って

飛距離は出さずにスライスを予防する

という方法で安全策をとると良いでしょう。

 

また

横幅が広く飛距離も必要になる

PAR5などのホールでは

クラブを長めに持って

多少方向性が悪くても

飛距離を優先するという

使い分けをしてみても

面白いと思います。

 

スイング自体は変える必要がないので

一度、ラウンド中に

それぞれのメリットを生かして

戦略に

取り入れてみてはいかがでしょうか(^^♪

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。