【ゴルフ】スイング中に『力』を入れるべきは身体の○○

スイング中にどこに力を入れていますか?

いきなりこの質問ですが

皆さんはスイング中にどこに力を入れていますか?

少し思い出してみてください。

・・・。

例えば腕や手に力が入り過ぎてしまうと

ミスショットが増えてしまいます。

▼『力み』による悪影響

しかし

『力み』とは別に

スイング中には適度に力を入れた方が良いという

論文もあります。

▼ビジネスゾーンでの力の入れ方

上記の記事でご紹介している方法は

やや高等な技術なので

もう少し簡潔に

今回はスイング中にずっと力を入れておく身体の部位について

解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

スイング中に力を入れておく身体の部位

スイング中に力を入れておくべき身体の部位は

お臍(へそ)の部分になります。

ゴルフのスイングで重要なのは

上半身と下半身の動きがしっかり連動する動きになります。

しかし

上半身中心のスイングになってしまう方が多く

この場合

上半身と下半身の動きが

『分離』してしまっていることになります。

そうなると

ダフリ、トップなどのミスショットが増えてしまいます。

イメージとしては

お臍(へそ)の部分に上半身から下半身にかけての

エネルギーを集めて『コア』のように力を集中させる感じです。

ただお腹に力を入れるだけでは

スイングが逆に硬くなってしまうので

ほんの少しだけ力を入れておきます。

これをスイングしている間ずっと意識しておいてください。

上半身と下半身の動きの連動が問題であった場合

これをイメージするだけで

すぐにミスショットは減ります。

是非練習の際などにお試し頂ければと思います(^^)/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。