弾道をコントロールする方法

高弾道、低弾道ショット

ゴルフのショットの際に

高弾道、低弾道のショットがありますが

高弾道ショットは

●ドライバーでは飛距離が出やすい

●アイアン、ウェッジではグリーン上でボールが止まりやすい

 

低弾道ショットは

●ドライバーでは風の影響を受けにくい

●アイアン、ウェッジではランが出やすい

など

それぞれの利点があり

これらを打ち分けることで

コースの戦略が

より楽しくなります♪

 

そこで今回は

高弾道ショットと低弾道ショットの

打ち分け方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

弾道をコントロールする方法

この動画の中で

弾道のコントロール方法を

タイガー・ウッズが解説していますが

とてもシンプルな方法です。

 

高弾道ショットを打ちたい場合は

“フォロースルーを肩の高さまで上げる”

超高弾道ショットを打ちたい場合は

“フォロースルーを頭の高さまで上げる”

低弾道ショットを打ちたい場合は

“フォロースルーを胸の高さで止める”

これらの方法を使い分けて

コースごとの戦略を立ててみましょう♪

 

まずは練習場で

お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。