世界で戦う【コリン・モリカワ】が勝負所で使うアイアンの番手とは?

小さくても戦える

コリン・モリカワ(Collin Morikawa)は

メジャー2勝の実績を誇る

日系米国人選手になります。

▼コリン・モリカワ実績

身長は175㎝で

世界で戦うツアープロの中では

少し小柄と言えますが

ドライバーの飛距離とアイアンの精度は

世界で結果を残せるほどの実力者です。

 

そこで今回は

コリン・モリカワの

世界で勝てる

●練習法

●クラブ選択

●オフの時間の使い方

などをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

コリン・モリカワの練習法とクラブ選択

この動画の中で

コリン・モリカワご本人が解説していますが

基本的な練習は

①60度ウェッジ

②8番アイアン

(最も自信がある番手だそうです)

③5番ウッド

④ドライバー(1W)

の順に練習していきます。

 

それぞれの番手をどのように意識して

練習しているのか?

という点は動画内で解説されていますが

特に

ドライバーショットに関しては

フィニッシュの形を意識しているようですね。

 

これは

フィニッシュ以外のスイングフェイズ

余計な動きが入らないようにする

ということと

タイガー・ウッズ同様に

フィニッシュの高さで

弾道の調整も行うようです。

▼タイガー・ウッズの弾道調整法

また

クラブ選択に関しては

アイアンはPW~7番アイアンは

しっかりとインパクトしなければならない

フェース面が狭いクラブを使用し

5番~6番アイアンは

フェース面が広く

ミスが許容されやすいクラブを

使用しているようです。

 

これは

距離をかせぐ

しっかり振らなければならない

長い番手(5番、6番)では

ミート率が落ちやすいために

リスク回避を行っていると考えられます。

 

コリン・モリカワは

アイアンの種類が

番手によって違うという

とても細かいセッティングのようです。

 

今回もとても参考になる内容でした♪

 

これからも

コリン・モリカワの活躍に

期待したいですね(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。