バンカーショットが上手くなる3つのポイント

バンカーでリズムが崩れる

ゴルフラウンド中に

今日は調子がいいな~と思っていたら

ボールがバンカーに入りミスを連発‼

そこから調子を崩して

結局いつもと変わらないスコアになってしまう(>_<)

なんて経験をしている方は多いと思います。

そこで今回は

以前、”ひっかけ”の改善策を解説して頂いた

▼”ひっかけ”の改善策

僕のゴルフの師匠である遠藤さんに

バンカーショットが上手くなる

3つのポイントを解説して頂きましたので

皆さんにも共有したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

バンカーショットが上手くなる3つのポイント

この動画の中で解説しているように

バンカーショットを安定して切り抜けるためには

①アゴの高さよりはフォロー(フォロースルー)を高くする

②重心(腰と膝の位置)は低いままに保つ

③少しカット気味(アウトサイドインのスイング軌道)にする

以上の3つのポイントを押さえておく必要があります。

ラウンド中の

バンカーショットの際に思い出していただくと

皆さんのスコアアップの安定に繋がると思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。