ゴルフで手足にできたマメ(肉刺)を予防・治療する方法

ゴルフで手足のマメができる原因

ゴルフで手足にマメ(肉刺)ができたことはありますか?

☑練習場でスイングし過ぎた

☑ラウンド中に沢山走った

など原因はいろいろと考えられます。

中でも多いのは

【力み】によってグローブが破れていたりすると

手にマメができやすくなります。

▼力みがある時のグローブの破れ方

さらに

ゴルフシューズや靴下が合っていないと

足にマメができやすくなります。

▼適切なゴルフシューズの選び方

▼ソックスも併用するとマメができにくくなります

マメができないように予防するには

①手の場合【力み】を減らすこと

②足の場合【自分の足に合ったシューズ(ソックス)】を選ぶこと

になります。

ではここからは

ゴルフをしてマメができてしまった場合の

適切な処置方法を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

手足のマメに対する治療

【マメが破れている場合】

この場合は

破れたマメの皮の部分を消毒したハサミなどでカットしましょう。

【マメが破れていない場合】

この場合は

マメに先端を消毒した針などで穴をあけましょう。

上記2種類どちらかの対処を行った後に

水でマメがある部分を洗い流しましょう。

(この際マメの部分に消毒なのは必要ありません)

その後にキズパワーパッドを貼ることをお勧めします。

created by Rinker
BAND-AID(バンドエイド)
¥868 (2021/01/24 13:45:34時点 Amazon調べ-詳細)

キズパワーパッドは1日ごとに張り替えます。

この手順で処置を行えば3~5日で

ある程度マメができた部分が修復されます。

ゴルフやその他のスポーツでマメができてしまった場合は

このような予防・治療方法を行うことで

回復が早くなります。

是非お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。