ドライバー曲げないシンプル過ぎる【ルーティン】

曲げないための基本

ゴルフラウンドの

ドライバーショットの

調子によって

その日の

ラウンドの気分が

大きく変わります。

 

いくらアプローチや

パッティングが良くても

ドライバーショットの

会心の当たりの時の

喜びとは比べものになりません。

 

しかし

そのための

難しい理論や

スイング改造すると

結果が出るまでに

時間がかかってしまいます。

 

そこで今回は

スイング改造ではなく

シンプルで簡単な方法で

まっすぐ飛ばす

基本的な方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドライバーショットを曲げないシンプルな方法

この動画の中で

»日本一曲がらない男の稲森プロ

解説していますが

ドライバーショットで

曲げないための基本は

☑目標位置(ボールの落下地点)を明確に決める

☑風やバンカーなどの環境要因を意識する

☑ボールの文字を目標方向に合わせる

» ボールの方向性を合わせるボールマーカー

の3つになります。

 

詳しくは動画内で

解説されていますが

特にボールのマークを

目標方向に合わせることは

アドレスの際の

スタンスのズレを予防してくれます。

 

スタンスがズレると

方向性や弾道に

影響が出ますので

重要視したいポイントといえますね。

▼スタンスによる影響

皆さんも

スイング改造を

大きく行う前に

まずはこういった

基本的な部分を改善してみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。