ゴルフのアプローチ練習/室内での練習方法

アプローチ練習は自宅でできる

ゴルフの中でアプローチは

スコアを安定させるためにはとても重要です。

しかし

練習場へ行くと

どうしても遠くへ飛ばしたいという気持ちが強くなります。

それに比べると

ひたすら距離と方向性を合わせるアプローチ練習は地味なわけです。

では、

飛ばしたいという気持ちを抑えて

アプローチをするにはどうしたらよいでしょうか?

それは

練習場へ行かない日に

自宅で手軽に練習するということです。

そこで

今回は自宅で手軽にできるアプローチ練習の環境づくりを

ご紹介します

 
スポンサーリンク
木村 陽志
木村 陽志

まずは、自宅でのアプローチ練習の様子を
以下の動画にまとめましたので
そちらをご覧頂ければと思います(^^)/

【動画】室内アプローチ練習 約3分

いかがでしょうか?

今回ご紹介したアプローチ用の的(まと)は

方向性を練習するのにいいですし

ショットの高さによって

おおよそのヤードが予測可能です。

このヤードは私自身のクラブの振り幅で導き出したものですので

皆さんも普段のショットの感覚でおおよそのヤードを想定できると

距離感の練習にもなります。

さらに

アプローチに使用するSW(サンドウェッジ)やAW(アプローチウェッジ)

フェース面の角度が寝ているため

『ダフリ』『トップ』を引き起こしやすくなるので

» 『ダフリ』『トップ』とは?

まずはミスショットを減らす練習にもなります。

是非皆さんの自宅の環境を整えてみましょう(^^)/

ちなみに

今回使用したのは

▼組み立て式クローゼット

▼ゴルフマット

▼スポンジボール

木村 陽志
木村 陽志

コメントやご感想を頂けると幸いです(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。