ゴルフが上手い人のアドレスの特徴

アドレスは股関節

ゴルフスイングの

一番最初のフェイズは

アドレスになります。

つまり

アドレスは

スイングの始まりになります。

極端なことを言うと

アドレス次第で

スイングが

すべて決まってしまいます。

 

では

ゴルフが上手い人は

どのような

アドレスをとっているのでしょうか?

 

ゴルフ初心者~中級者との

大きな違いは

【股関節】になります。

その違いにより

●飛距離

●ミスショットの頻度

が大きく変わってきます。

 

そこで今回は

アドレスの際の

【股関節】の

正しいセッティング方法を

解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフが上手い人のアドレス

この動画の中で

片山晋呉プロが

解説していますが

ゴルフが上手い人は

【股関節】に動きが出やすい

アドレスをしています。

 

ポイントは

骨盤の前傾になります。

動画の中で

片山晋呉プロは

ジャンプをしたりして

自然に【股関節】が

よい位置に来るように

促しています。

 

アドレスの際

【股関節】を正しく

設置できないと

飛距離ダウンやミスショットの

原因となってしまいます。

▼アドレスで重要な骨盤の前傾

逆に

【股関節】を上手く使えると

飛距離アップできる

可能性もあります。

▼ゴルフ×古武術

皆さんも

ゴルフスイングの

始まりである

アドレスを整えて

ゴルフ上級者を目指しましょう(^^)/

▼アドレスの基本

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。