残り50ヤードで【バックスピン】をかける方法

トッププロのようにバックスピンをかけたい

トッププロの試合では

バックピンをかけて

そのままホールに

吸い込まれるシーンを

時々、目にします。

 

これは

かなり高等技術のように思えますが

環境を整えれば可能となります。

▼バックスピンをかける環境

今回は

バックスピンをかける環境だけではなく

その方法と技術面の解説をします(^^)/

 
スポンサーリンク

残り50ヤードでバックスピンをかける方法

この動画の中で

バックスピンをかける方法が

(動画中8分00秒あたりから)

解説されていますが

その方法はシンプルで

①フェースを少し開く

②小さいスイングでしっかり振る

③カット軌道を意識し過ぎない

といった流れになります。

 

ボールが高く上がり過ぎても

スピン量は少なくなってしまうので

中弾道で打ち出す意識をしましょう。

 

また

これを行うには

ウェッジ(58度以上)を使用する

ということが条件になりますので

50ヤードくらいが

ちょうど使いどころだと思われます。

 

使用状況は様々ですが

ピンが手前の場合は

手前から狙うよりも

キャリーを出して奥から

バックスピンで戻すというのが

理想的です。

 

残り50ヤードでライがいい場合は

一度挑戦してみては

いかがでしょうか(^^♪

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。