ゴルフのドライバーショットがすぐに飛距離アップする4STEP(ステップ)

飛距離アップは段階的に

ゴルフのドライバーショットで

飛距離を伸ばしたいと

誰もが思っていることでしょう。

 

しかし

現実はそう簡単にはいきません。

 

飛距離アップさせるには

まずヘッドスピードを

上げる必要がありますが

スイングを大きく変えてしまうと

逆にスイングが崩れて

飛距離が落ちてしまう

といったことにもなりかねません。

 

そこで今回は

ヘッドスピードを段階的に上げて

飛距離アップさせる練習法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドライバーの飛距離をアップさせる4ステップ

この動画の中で

解説されていますが

ドライバーを飛距離アップさせる

段階的方法は

①バックスイングで左足を踏み込む

②左足を踏み込むときに腕を上げる

③踏み込むときに左右の腰と膝のラインを揃える

④重さのある練習器具でマン振りする

の4ステップになります。

 

これだけでは

よく分からないと思いますので

ここからそれぞれについて

もう少し詳細に解説していきます(^^)/

①バックスイングで左足を踏み込む

まず一つ目の

ステップとしては

バックスイングで

手元を見ずに

左足は踏み込んでおきます。

 

これを行うことで

バックスイングの段階から

下半身主動で

ダウンスイングが

行える準備をしておきます。

 

なので

この時点で左足は

浮かないようにしましょう。

②左足を踏み込むときに腕を上げる

次のステップとしては

バックスイングから

トップに近づいた時に

ダウンスイングへの移行期として

左足の踏み込みが強くなる瞬間に

さらに

腕をもう一段階

上げようとすることで

上半身の溜めができやすくなります。

③踏み込むときに左右の腰と膝のラインを揃える

次のステップは

踏み込むときに

左右の腰と膝の

ラインの高さを揃えて

ダウンスイングの初動で

腰と膝に捻りを加えます。

④重さのある練習器具でマン振りする

最期のステップは

先程までの3ステップを意識しながら

ある練習器具を使用して

ひたすらマン振りすることです。

ある練習器具とは

BB STICKになります。

このような練習器具を

持っていない場合は

アイアン2本振りを

行う方法でもよいと思います。

しかし

アイアン2本持ちで

マン振りしすぎると

手のひらにマメが出来てしまう

可能性もあるのでやり過ぎに注意しましょう。

 

以上の4ステップを徐々に体得して

飛距離アップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。