ゴルフ練習場に行く時間がない人のための【究極の室内練習4選】

ゴルフは練習しないと上達しない

ゴルフでスコアアップするには

ある程度の練習量が必要になります。

▼ゴルフ上達のための練習量

しかし

ゴルフ練習場に

頻繁に通う時間がないといった方は

僕も含めて意外と多くいらっしゃいます。

とはいえ

練習場に行けないと

練習量も確保できず

ゴルフ上達には程遠い

というのも酷な話です。

 

そこで今回は

練習場に行く時間がない人が

自宅で少しの時間で毎日できる

究極の室内練習4選をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

究極の室内練習4選

ゴルフ練習場に行く時間が

なかなか確保できない

僕自身も実践してきた

スコアアップに繋がる究極の室内練習4選は

①素振り練習

②アプローチ・パター練習

③シュミレーションゴルフラウンド

④ゴルフリフティング

以上になります。

ここからそれぞれを

もう少し詳細に解説します。

①素振り練習

1つ目は素振り練習ですが

正直室内練習としては

絶対にやっておきたい練習といえます。

その理由としては

ゴルフのショットで

ミスが出た場合

1打で修正できるかどうかが

スコアアップのカギになるからです。

そのためには

日頃からスイングイメージを

固めておくことで

ミスショットの際の

スイングの違和感に気づき

修正能力を高める必要があります。

しかし

ただ単に

素振りするだけでは

意味がないので

☑イメージを固定する練習

☑しっかり振る練習

☑しっかりミートする練習

の3項目に分けて練習を行います。

詳細は以下の記事をご覧ください。

▼▼▼

②アプローチ・パター練習

2つ目はアプローチ・パター練習ですが

スコアアップには欠かせない

この2つの練習は

自宅スペースの環境次第では

かなり上達する可能性があります。

例えば

ロングのパターマットを

部屋に設置しておけば

パター練習だけではなく

返却装置付きで

アプローチの転がし練習まで

できるので練習量が効率よく確保できます。

アプローチとパターの自信をつけて

グリーン周りの強者になりましょう。

詳細は以下の記事をご覧ください。

▼アプローチ練習

▼パター練習

③シュミレーションゴルフラウンド

3つ目はシュミレーションゴルフで

ラウンドですが

1打の集中力や戦略を立てる

実戦さながらの練習をするには

非常に有用な練習といえます。

しかし

スペースや費用の問題があり

シュミレーションゴルフを

自宅に設置できる方は限られるでしょう。

▼シュミレーションゴルフの一例

シュミレーションゴルフの中でも

3.5畳のスペースがあれば

ラウンド可能なPhigolfは

比較的低コストで手に入るので

室内ゴルフ環境を

整えたいという方にはいいと思います。

▼Phigolf/ファイゴルフ

④ゴルフリフティング

4つ目はゴルフリフティングになります。

僕自身も暇さえあれば

室内で練習していますが

世界のトッププロなど

ショットの精度が高いプレーヤーは

必ずと言っていいほど

このゴルフリフティングを習得しています。

ハンドフィーリング(手の感覚)を

鍛えると打感から

フェース面のどこに

ボールが当たったのかを

感じることが

できるようになったりします。

また

ゴルフリフティングができると

人に自慢できる

特技にもなりますので

是非習得したい技の一つですね。

▼ゴルフリフティング習得方法

いかがでしょうか?

今回ご紹介した室内練習を参考に

自分なりの練習メニューを構築して

コツコツとゴルフ上達を目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。